>

どちらが良いか

オフィスの状況を確認する

まず、どちらにするか決める前に行うべきことがあります。
それは、現状のオフィスを持つ企業の状況をしっかりと理解することです。
どんなことでもそうですが、自らのことを十分に理解していなければ、最適な選択をすることはできません。

特に気にかけるべきポイントは、オフィスの移設が頻繁かどうか、高価な設備を擁しているかどうかの二つです。

建設業者や移動式飲食店、移動式興業の企業はオフィス移転が頻繁に行われることが多いです。
一方で、都心部に本社を構える大企業のオフィスは移転をすることはまれです。
こうしたオフィスの移転回数について確認しましょう。
移転の頻度が高ければ高いほど、レンタルを利用するべきと言うことができます。

オフィス確認の続き

先程、オフィス移転の頻度が高い企業ほどオフィス設備はレンタルしたほうが良いということを述べました。
これは、移転回数の多い企業はその分、オフィス移転にかかる運搬費を負担しなければならなくなるということが一番の理由になります。

また、オフィス内に高価なオフィス設備を擁している企業は、オフィス移転の際にかなりの運搬費がかかることが予想されますので、当該設備以外はレンタルにすることで運搬経費を削減するという戦略を考えることができます。

結果まとめますと、それぞれの企業はそれぞれの状況を勘案した上でオフィス設備の購入とレンタルの最適なバランスを選択することが重要であるということができます。
みなさんもぜひ以上の点について気をつけてみてください。


この記事をシェアする